0120-773-977
お問い合わせボタン

スタッフブログSTAFF BLOG

施工事例 屋根(ディーズルーフィング)

流山市、松戸市、東葛地区にお住いの皆様、
ホームページをご覧の皆様、
こんにちは!!!トラストワークです。

施工事例の紹介です!

本日は屋根工事の施工事例です◎

ストレート屋根のコロニアルネオからカバー工法でディーズルーフィングに変身させます✨

平成18年に建築基準法が改正されアスベストの使用が禁止になり
従来のストレート屋根材が使用できなくなりました。

その直後に販売されたのがノンアスベストの屋根材『コロニアルネオ

どのメーカーもノンアスベストの屋根材を作る技術を持ち合わせておらず、
強度不足のまま出回り、現在あちこちでひび割れが発生中。

欠けている箇所もちらほらあります

塗装してもひび割れが止まらない特徴から塗装リフォームができない屋根材と言われております、、、

 

今回は、塗替え時のリスクをお客様に説明し、カバー工法での施工となりました!

 

屋根のカバー工法は古い屋根の上に軽い屋根を張って被せる工事方法です。
古い屋根をはがして処分する手間と費用がかからないので、工事費用と工事期間を抑える事ができます◎

今回使用したのは『ディーズルーフィング

こちらの屋根材はジンカリウム鋼板という、ガルバリウム鋼板と同様のアルミニウム(55%)・溶融亜鉛(43.4〜43.5%)・シリコン(1.5〜1.6%)で構成された金属製の屋根材にセラミックコーティングを施した自然石粒を吹き付けてある非常に耐候性が高い屋根建材です!

こちらメーカー保証が30年なのも特徴の一つです◎

外壁塗装、リフォームで悩み事があればぜひトラストワークにお問い合わせください!

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール