0120-773-977
お問い合わせボタン

スタッフブログSTAFF BLOG

リフォームの目安となるタイミングとは

いつリフォームするべき?

いつリフォームするべき?

お家のリフォームは、何年に一度行わなければならないなどと明確な基準が設けられていないため、ついつい後回しにしてしまいがちです。
しかし、適切なタイミングでリフォームを行わないと、快適さを失うだけでなく、修復不可能な老朽化によりお家の建て直しが必要になるなど費用面でも問題が発生する恐れがあります。
解体工事が必要になると工期も長くなり、一時的に仮住まいをする費用も用意しなければならないなど、負担が大きくなってしまうのです。
少しでも無駄な費用を抑えるためにも、リフォームの目安となるタイミングについて知っておきましょう。
住んでいる地域や構造などによっても異なりますが、一般的な目安は築5〜10年です。
お家丸ごとではなく、浴室のドアや天井、室内の壁紙の破損、汚れなどをメンテナンスするケースがあります。
まだ使用上問題はありませんが、早い段階で対処しておくとお家の寿命を延ばすことが可能です。
木造住宅は防蟻処理も5~10年のタイミングがおすすめです。

 

年数によって変わる工事内容

年数によって変わる工事内容

水まわりのリフォームは築10〜15年が目安です。
浴室、トイレ、洗面所、キッチンは日常生活の中でも使用することが多い設備であり、湿気も多いため劣化が早い傾向にあります。
最新設備に変えた方が快適さもアップするため、10年が経過したらリフォームを検討してみても良いかもしれません。
最初の大規模修繕時期は築15〜20年です。
この年数が経つと、目で簡単に確認できない場所も老朽化し始めます。
特に、木造住宅は白蟻の被害を受けてお家の寿命を短くする恐れがあるため注意しましょう。
費用はかかりますが、適切なタイミングに大規模修繕を行うことが大切です。
築20年から30年は増改築レベルのリフォームをするのが一般的だとされています。
なぜなら、住宅の耐用年数は30年とされており、子供が巣立つなどライフスタイルも変化するため、住まいの見直しをするのにぴったりな時期だからです。
このような目安があります。
気がつかないうちに建物が老朽化している可能性もあるため、状態を確認しながら適切な工事を行うようにしましょう。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール