0120-773-977
お問い合わせボタン

スタッフブログSTAFF BLOG

助成対象になりやすいリフォーム工事の例とは

活用したい助成金制度

活用したい助成金制度

住宅リフォームはお金がかかります。
どこをどのように変えるのか、工事内容によっても費用は異なりますが、少しでもお得にリフォームしたいと考える人が多いのではないでしょうか。
おすすめの方法は助成金制度の活用です。
全てのリフォーム工事が助成対象となるわけではないため、適用条件や注意点について知っておくと良いでしょう。
まず、ほとんどの助成金制度は税金で運営されていることもあり、予算や期限が決まっているということを理解しておいてください。
また、基本的に助成金制度を活用したいときは、工事が始まる前に申請する必要があります。
完成はしていなくても、工事が始まってから申請をすると受理してもらえない恐れがあるため、計画的に手続きをしましょう。
加えて、施工完了日も決まっていることが多いため、スケジュール調整が欠かせません。
予想よりも早く締め切られることも多く、まだ大丈夫だと思って申請を後回しにしていると、上限に達して断られることもあります。
これからリフォームをしようと考えている人は、このような注意点に気を付けて手続きしてみてはいかがでしょうか。

 

介護、バリアフリーリフォームもお得に工事

介護、バリアフリーリフォームもお得に工事

助成対象となりやすい工事内容の例は、介護、バリアフリーのリフォームです。
手すりをつけたり、段差をなくす、引き戸に変更、和式便器から洋式に取り替えるなどといった工事内容は助成金の対象になりやすいです。
助成金制度の一つである介護保険の場合、要支援者や要介護者と認定された人が住むお家をバリアフリーに工事するとき、最大20万円、自己負担金1〜3割ほどで手すりなどの設置ができます。
場合によっては要介護と認定を受けていなくても助成対象となることもあり、介護保険と併せて自治体が支給する補助金も使用できる場合があるようです。
他にも、エコ、省エネ、創エネ、断熱リフォームや耐震診断、耐震改修なども助成対象になる制度がたくさんあります。
最近話題の在宅勤務用にリフォームする際も補助金を支給してくれることがあるため、該当するものがないかチェックし、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール