0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装が必要な劣化症状とは

放置してはいけない

放置してはいけない

外壁塗装を行うタイミングがわからない人も多いのではないでしょうか。
中には、一度塗ったら建物をリフォームするまで塗り替えを行わなくてもいいと誤った認識をしている人もいます。
外壁塗装を行う目的は、お家の外観をおしゃれにしたり、綺麗に保ったりすることだけではありません。
建物を守るために必要な施工なのです。
そのため、何十年も放置していると見た目が悪くなるだけでなく、建物の構造部分にも悪影響を及ぼし、快適に住むことができなくなります。
一度、構造部分にまで悪影響を与えると、塗り替えするだけでは改善されません。
建て替えが必要になり、莫大な修繕費用がかかるため、適切なタイミングで外壁塗装をしてメンテナンスを行うことが大切です。
そのタイミングは劣化症状から判断することができます。
どのような劣化症状が起きたら施工が必要になるのかについて知っておきましょう。

 

こんな症状が現れたら要注意

こんな症状が現れたら要注意

外壁塗装が必要な劣化症状の一つは、変色です。
塗りたてから数年で徐々に退色や変化が起こりますが、色が薄くなったり鮮やかな色合いが失われる場合は完全に退色するまで放置するのではなく、一度塗料を剥がして新しく塗り替える必要があります。
過度に変色している場合は保護機能まで失われている可能性が高いため、早めに施工をお願いしてください。
ツヤや光沢が失われる場合も同様です。
塗料成分が変化しているため、元に戻すことができません。
変色は目で確認することができますが、見た目はそれほど変化していなくても傷んでいることも多いです。
実際に触って確認しましょう。
手で軽く触った時にチョークのような白い粉がついた場合はダメージを受けている証拠です。
水で流すことや、ほうきを使って取り除くことも可能ですが、保護機能が低下しているため放置してはいけません。
他にも、藻やカビが付着している場合も要注意です。
藻やカビは自然汚染が原因で発生し、特に陽が当たらない場所に出やすいです。
無理やり除去しようと硬い金タワシでゴシゴシと擦ると塗料を傷める原因となるため、出来るだけ柔らかい布を使って水圧も強すぎない程度に調整して落とすといいでしょう。
広範囲で広がっている場合は素人では対処できないため、業者に依頼してください。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール