0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装をやらないリスクとは

綺麗な見た目を保つだけではない

綺麗な見た目を保つだけではない

外壁塗装を行わなくても問題がないと思っている人も多いのではないでしょうか。
ただ建物に色をつけるだけで、汚れが目立ってきたときは金銭的に余裕があれば塗り替えをしようと考える人も少なくありません。
しかし、定期的に外壁塗装を行わないと様々なリスクが発生します。
一つは、劣化が進むことです。
家は常に外気にさらされており、紫外線、風、雨の影響を受け続けています。
台風などの自然現象によっても大きなダメージを受けて、劣化していくものです。
塗り替えをしていない家は、その劣化スピードも早く、建物そのものに影響を与え始めるのです。
長年放置してきた建物は、構造にも影響が出て、建て替えなければ住めないほどになることもあります。
逆に、しっかり塗り替えをしていれば、汚れが付着しにくく、藻やカビの発生も抑えることが可能です。

 

雨漏りが起きると被害が拡大しやすい

雨漏りが起きると被害が拡大しやすい

雨漏りのリスクもあります。
家の中まで雨が侵入してきてから異変を感じ、屋根や壁が傷んでいると気がつくケースも少なくありません。
雨漏りが発生しているところにバケツや桶を置いて対処している家庭もありますが、それは応急処置にすぎず、いずれ木材が腐って耐震性が著しく低下します。
状況がひどくなると、建物が倒壊する危険もあるのです。
金属部分も水分に触れると腐食し、錆びて建物の強度が下がります。
電気設備では漏電が発生したり、感電事故につながったりする恐れがあります。
他にも、雨漏りがひどくなり室内の湿度が高い状態が続くと、カビが発生してアレルギー反応が起きるなど人体に影響を与える可能性や、有害生物であるシロアリが発生し、繁殖して駆除作業が必要になる可能性もあるでしょう。
このような状態になると外壁塗装を行うだけでは解決できず、屋根や壁の張り替え工事が必要になり、家全体のリフォームが必要になるため高額な支出が発生します。
塗り替えないことで外観の美しさが損なわれるだけだと思わず、様々なリスクがあるということを知った上で業者に塗装をお願いしてください。
施工頻度は使用している塗料や材質、住んでいる環境によって異なりますが、10年が目安です。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール