0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装が必要になる実施の目安とは

いつ塗り替えるべき?

いつ塗り替えるべき?

外壁塗装は、しばらく塗り直す必要がないと勘違いしている人が少なくありません。
実際に建ててから、何十年も塗り直しをせずに放置してボロボロの状態になっているお家があります。
外壁塗装は常に外気にさらされているため、時間と共に劣化します。
外観が悪くなるだけでなく、建物そのものにも支障をきたすため、定期的に外壁塗装をしなければなりません。
塗り直しを実施する目安を知り、適切な時期に塗り替えお願いしましょう。
一般的には築10年が目安です。
この時期は劣化症状が明確に現れる時期であるため、ダメージを受けている場所がわかりやすいのです。
2、3年ほどでは目で確認できる症状がないため、塗り替える必要はありませんが、長期間経過すると症状が進行して、手遅れになるケースがあるため、10年を目処に一度業者に依頼することをお勧めします。

 

塗料の耐用年数

塗料の耐用年数

劣化症状が現れやすい理由以外にも塗料の対象年数が関係しています。
種類によって寿命が異なりますが、塗料の多くは10年前後です。
シリコン系は8〜10年、フッ素は10年〜14年です。
中には、15年から20年など長持ちするものがありますが、費用が高くなる傾向にあるため、安いものを選んでいる人もいるのではないでしょうか。
しかし、安いものは塗り替えが必要になる頻度が多いため、価格が高くても耐用年数が長いものを選んだ方が、トータルコストは抑えられるというメリットがあります。
また、環境によっても適切な実施頻度が違ってくるため要注意です。
特に、海に近いお家は塩害を受けやすく、劣化するスピードが早いです。
そのため、10年という実施の目安は参考程度にとどめておき、業者に状況をチェックしてもらいながら施工をお願いしてください。
すでに、ひび割れや変色、チョーキング現象が起きている場合は、劣化症状が発生している証拠であるため気をつけなければなりません。
目では症状が確認できないことも少なくないため、手で壁を触って異変が起きていないか定期的に確認しましょう。
最終的には自己判断をせずに専門知識のある業者の意見を聞くことが大切です。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール