0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装の3回塗りの基本とは

重ね塗りの大切さ

重ね塗りの大切さ

外壁塗装は業者に施工してもらうため、どのような作業をしているのかわからない人も多いでしょう。
基本作業の一つに3回塗りがあります。
これは塗料を塗って乾燥させるという1工程を3回繰り返す作業です。
重ね塗りをするにはしっかりと乾燥させなければならないため、時間がかかります。
外壁塗装が完成するまで、窓が開けられなかったり、外に洗濯物が干せなかったり、匂いが気になるなど生活の仕方に制限がかかってくるため、出来るだけ早く完成させるために3回塗りを省いて欲しいと思う人がいるかもしれません。
しかし、大切な基本工程であるため、省くと仕上がりに影響します。
特に、乾燥時間は守らなければなりません。
時間を省くのは正しい塗り回数を行ったことならず、無理やり乾いていない状態で重ね塗りをすると、剥がれやひび割れ、寿命が短くなるなどの原因になります。
木部や鉄部では2回塗りが基本ですが、壁や屋根は必ず3回塗りをしてもらいましょう。

 

それぞれの役割

それぞれの役割

3回塗りの各工程には役割があります。
まずは、下塗りです。
これはフィラーやプライマーなど、下地、それぞれの塗装工程にあった下塗材を塗っていきます。
次に、中塗りです。
下塗りが乾燥したら下地や仕上げにあった塗料を塗ります。
最後に上塗りです。
これは中塗りで使用した塗料をもう一度塗る作業をします。
これが基本工程ですが、劣化状況や仕上げによってそれ以上の回数が必要になることも少なくありません。
その判断は外壁塗装の職人が行うため、安心です。
また、工期を最短にしてほしいと伝えると、要望に応えてくれる可能性もあります。
単純に手を抜くのではなく、2回塗りで終わらせることのできる特殊な塗料を使うなどと応用をして作業します。
中には、3回塗りをすると言っていたのに回数を省いたり、無希釈で塗って回数を減らそうとしたりとする悪徳業者もいるようです。
希釈率が薄すぎたり、濃すぎたりするのも良くないため注意してください。
施工スケジュールを確認し、乾燥時間がしっかり確保されているか、3回行われているか確認することが大切です。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール