0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装の工事費用が高額になるケースとは

目安より高くなる場合とは

目安より高くなる場合とは

外壁塗装の仕上がりは予想することが困難です。

また、工事費用も思った以上に高額になることもあります。

出来るだけイメージ通りの仕上がりで安く抑えたいものですが、失敗に終わってしまうことも少なくありません。

戸建て住宅全体は70〜90万が相場だと言われていますが、戸建てでも大きさや、劣化具合によってそれ以上の工事費用がかかることがあります。

相場の価格に抑えるためにも、高額になるケースとその原因を知っておきましょう。

原因の一つは、定期点検の怠りです。

どのような建物も経年劣化します。

そのため、定期点検が欠かせませんが、依頼するのが面倒で、また来年お願いしようなどと後回しにして放置している人もいるのではないでしょうか。

放置すると補修箇所が増えて、外壁塗装をする前に劣化症状を補修しなければならなくなります。

その数が多いと、費用が上乗せされて総額が高額になるのです。

特にひび割れは時間とともに進行して広範囲になります。

表面だけの劣化は初期段階で対処していれば塗料の塗り替えだけで済んで、部材を少し変えるだけで済むため、コスト削減が可能です。

内部まで症状が発展していると下地の修繕が必要になり、追加工事が発生して相場を大きく上回るため気をつけてください。

 

悪徳業者には要注意

悪徳業者には要注意

悪徳業者に依頼してしまい、法外な料金を請求されたというケースも少なくありません。

特に、依頼主が相場や基礎知識を知らないことを利用して、様々な手口を使って不当に利益を上げようとしてきます。

例えば、塗料の価格を適正よりも大幅に高く設定する、不要な作業を勝手に追加して後から請求するなどです。

これは最も避けたいケースでしょう。

依頼していないのに突然、自宅に訪問して違法な料金で契約しようとしてきます。

外壁塗装の基礎知識を持っていれば、悪質なセールストークに引っかかることもないため、金額の目安や必要な作業など最低限のことは調べておくといいかもしれません。

また、必ず見積もりを取って、追加料金が発生するかどうかも契約前に確認しておきましょう。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール