0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

夏場の外壁塗装で気をつけることとは

天候が不安定な季節は避けよう

天候が不安定な季節は避けよう

夏場に外壁塗装をする際、気をつけなければならないことがあります。

夏場は冬よりも気温や湿度が外壁塗装の施工に適しており、乾燥しやすい、塗料の伸びが良い、臭いを感じる時間が少ないというメリットがあるため、寒い季節がくる前に済ませておこうと考える人が少なくありません。

しかし、何も知らずに施工を依頼すると失敗する可能性があるため、必ず注意点を知った上で依頼しましょう。

注意点の一つは、雨が降っていない時期を選ぶことです。

特に梅雨は雨の日が続き、天候が不安定であるため工事が中断されやすく、施工期間が長引くことがあります。

完全に乾き切っている状態であれば、雨で濡れてもそれほど影響はありませんが、途中で濡れると塗料が薄まって仕上がりが悪くなるのです。

それだけでなく、耐朽性も低下します。

雨を含んで水分が抜け切っていない状態で、さらに重ねて塗るとひび割れや塗膜剥離が発生し、劣化しやすくなって、数年後にまた工事が必要になることも少なくありません。

また、梅雨は湿度が高くなるため、乾きにくくなります。

湿度が85%以下でなければならないため、梅雨が完全に明けてからににしましょう。

 

換気ができなくなる?

換気ができなくなる?

過ごし方にも気をつける必要があります。

夏場は室内も蒸し暑く、窓を開けたりエアコンをつけなければ、熱中症にかかる危険性がありますが、工事中は窓全体がシートで養生され開け閉めが制限されます。

それだけでなく、エアコンの室外機もシートで覆われるため使えません。

養生期間は下塗り、中塗り、上塗りが終わるまで外すことができず、最低でも1週間は続きます。

梅雨の時期と重なれば、さらに期間は伸びるでしょう。

そのため、蒸し暑くても換気ができないことを覚悟しておかなければなりません。

扇風機を使ったり、日中は外出する時間を増やすなど工夫をしてください。

特に子供やペットは大人よりも影響を受けやすいため、体調を気にかけてあげることが大切です。

業者によって異なるため、事前に問い合わせておきましょう。

このような注意点を知った上で、いつの時期にするか検討してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール