0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

遮熱塗料で外壁塗装するときのポイントとは

暑い時期も過ごしやすくなる?

暑い時期も過ごしやすくなる?

外壁塗装をするとき、塗料選びに迷うことがあるでしょう。

せっかく塗り替えるのであれば、多少値段が高くても機能性を重視したいと考える人も多いようです。

例えば、遮熱塗料です。

これは省エネ効果があり、夏場の電気代を節約することや地球に優しい生活ができます。

聞いたことがあっても具体的な効果や、どれくらいお金がかかるのか気になる人もいるはずです。

遮熱塗料とは、建物を熱くする太陽光の赤外線に近い光を反射させたり放射させたりして、表面温度を低下させることができます。

真夏はエアコンや扇風機をつけても暑くて過ごしにくいものですが、外部から熱を伝わりにくくする機能を取り入れることで過ごしやすい環境になるでしょう。

また、一般的な施工と同じ工程であるため、料金も大幅にアップするわけではありません。

暑くなる前に、塗り替えてみてはいかがでしょうか。

 

注意するべきポイントもある

注意するべきポイントもある

メリットがたくさんある遮熱塗料ですが、注意しなければならないポイントがあります。

それは、保温効果がないことです。

保温効果のある断熱材を用いている場合は問題ありませんが、そのような材質を使っていない建物もあるでしょう。

そのような場合は、断熱塗料も検討してみてください。

これは、高温の熱が伝わらないようにする機能はもちろん、室内の保温ができる特徴があります。

しかし、外壁塗装の工程数が多くなってしまうため、費用が高くなる恐れがあります。

どちらが良いかわからないときは、業者に相談し、適切なものを選ぶようにすると安心です。

一般的に、日射反射率の高さや汚れにくさ、耐候性、塗りやすいかどうかの4つのポイントを考慮して選ぶと失敗はないでしょう。

特に、汚れやすいものは機能性もすぐに失われてしまうため、せっかく高い費用を支払ってこだわり抜いたのに、すぐに落ちてしまっては意味がありません。

それぞれ数値がありますが、各社販売しているものによってその数値が異なります。

また、同じ機能を持ったものでも種類があるため、専門知識のある外壁塗装業者に聞いたほうが正しいものを選ぶことができるでしょう。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール