0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

こんな症状が見つかったら外壁塗装を検討しよう

こんな症状は軽度

こんな症状は軽度

外壁塗装は10年に1回のペースで塗り直しが必要ですが、まだ大丈夫だと思って放置している人もいるのではないでしょうか。
また、10年を経過していなくてもある症状が出たときは、塗り直しのタイミングです。
放っておくと建物の劣化が進むため、タイミングをしっかり見分ける必要があります。
ある症状とは主に6つです。
1つ目はカビや藻の発生が挙げられます。
特に日当たりの悪い壁に見られる症状であるため、一度確認してみましょう。
いますぐ外壁塗装をしなければならないほどの危険度ではありませんが、見栄えが悪いです。
塗り直して新築のような外観を取り戻してみてはいかがでしょうか。
2つ目は、チョーキング現象です。
この現象は、手で触った時にチョークのような白っぽい粉がつきます。
塗膜の樹脂が外気にさらされることで分解されて発生しますが、これも今すぐに対処しなければならないというわけではありません。
しかし、遮断性が低下している証拠であるため、重ね塗りなどの工事が必要です。

 

中度から高度

中度から高度

3つ目は、浮きや剥がれです。
これは下地から塗装が浮き上がる状態や、剥がれている状態で保護機能がなくなっています。
まずは剥がれを補修して塗料を上から塗ります。
4つ目はコーキングのひび割れです。
ひび割れの部分から雨水などの水分が入り込むと雨漏りに繋がります。
新しいコーキング材を打設しなければなりません。
5つ目は、壁そのものに発生するひび割れです。
自然災害でひび割れすることも少なくありませんが、コーキングと同様にそこから水が侵入すると、建物自体の劣化が進みます。
危険度も高いため、すぐに外壁塗装をしましょう。
最後は反るといった現象です。
最も危険な状態であり、防水性が失われているため張り替える作業をします。
症状が重症化するほど大掛かりな工事をしなければなりません。
簡単な作業で済まされないほど進行すると、費用も高くなります。
最悪の場合は、建物そのものを建て替えなければならないケースもあるため、この6つの症状が発生したら注意してください。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール