0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

失敗しない外壁塗装のためにやるべきこととは

知識を身につけよう

知識を身につけよう

外壁塗装は業者に依頼するのが一般的ですが、業者に依頼しても失敗することがあります。
失敗に終わらないように、外壁塗装を依頼する前にやっておくべきことについて知っておきましょう。
やっておくべきことの一つは、外壁塗装についての知識を身につけることです。
親切で安心できる業者であれば、作業や塗料の説明をしてくれますが、中には悪質な業者がいます。
知識がないことを逆手に取り、適正ではない料金を請求してくることもあるのです。
それだけでなく、手抜き作業をして人件費を削減し、利益だけを求める業者も少なくありません。
依頼する前にある程度の知識があれば、不明なところなども聞くことができます。
細かいことを質問して、知識があることをアピールすると未然に防ぐこともできるため、最低限の知識は身につけておきましょう。

 

満足のいく仕上がりにするために

満足のいく仕上がりにするために

契約時にもやっておくべきことがあります。
それは、詳細を契約書や見積もり書に記載してもらうことです。
口約束をしていたとしても、契約は書類に記載されていることが全てになります。
細かい要求や塗装してほしい部分の要望を伝えたのに、仕上がりをみると話と違っていたというケースも多いです。
また、聞いていた塗料とは異なる塗料が使われるなどの失敗もあります。
業者との認識の違いが原因であることが多いので、未然に防ぐためには細かなことでも書面で約束事を記載しておくことが大切です。
また、実際に自分の目で確認することも心がけなければなりません。
業者に任せっきりで仕上がるまで確認しない人も多いですが、各工程で自分の目で確認しましょう。
自分で確認して進めることで、手直ししてほしい所や塗り直して欲しい所があった場合に早期に対応ができます。
特に、下塗りは重要な工程なので、しっかり確認するようしましょう。
各工程で確認をし、一つ一つ納得のいく作業をしてもらうことで、失敗のない外壁塗装ができるのです。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール