0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装をする前に行う近隣への配慮とは

コケや藻も症状があるときの外壁塗装について

外壁塗装をする前に行う近隣への配慮とは

外壁塗装をする前に行う近隣への配慮とは

外壁塗装を検討している人の中には、近隣とのトラブルが発生しないか不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

同じ家に長く住み続けるために外壁塗装を行いますが、近隣とのトラブルにより過ごしにくくなってしまっては意味がありません。

近隣との良好な関係を保ち続けるためにも、外壁塗装を行う際は、近隣への配慮が必要です。

近隣への配慮の方法としては、挨拶が挙げられます。

これから外壁塗装を行うということを、しっかり報告しましょう。

事前に知らせておくことで、お互いに不安を解消することができます。

しかし、どのように挨拶をするべきか、わからない人もいるはずです。

挨拶をするタイミングや、どのようなことを伝えるのかなど配慮の方法を知っておきましょう。

 

近隣へ挨拶をしよう

近隣へ挨拶をしよう

外壁塗装を行うことを伝えるタイミングは、作業が開始される1週間前が適切です。

作業を行う上での音や匂いなど、少なからず近隣に迷惑がかかります。

これは仕方のないことですが、作業が開始された後から知らされるよりも、事前に知っておく方が不快感は軽減します。

伝え方は、期間や外壁塗装業者名と連絡先、自分の連絡先、住所、作業内容です。

最後に、ご迷惑をおかけしますと伝えましょう。

場合によっては、洗濯物を外に干すことができないこともあります。

その場合は、外壁塗装業者から近隣へ窓の開け閉めや、洗濯物が干せるかどうかの説明をしてくれるでしょう。

外壁塗装の工事に関する知識がないまま、曖昧な対応をしてしまうと、逆にトラブルの原因となる可能性があります。

そのため、近隣への挨拶は概要を簡潔に伝えるだけに留め、詳しい説明は業者に行ってもらうことをおすすめします。

ほとんどの業者は、作業を始める前日までに近隣へ挨拶をしますが、中には近隣への説明をしない業者もあるため、事前にお願いしておくと良いでしょう。

挨拶を行わずに作業が開始すると、騒音や匂いのクレーム、業者が駐車した車が邪魔、塗料や高圧洗浄の水が飛んできたなどのトラブルが発生しやすいです。

事前に近隣とコミュニケーションをしっかりとっておくことで、トラブルが発生する可能性が減ります。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール