0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

コケや藻も症状があるときの外壁塗装について

コケや藻も症状があるときの外壁塗装について

コケと藻が発生している場合は塗り替えのタイミング

コケと藻が発生している場合は塗り替えのタイミング

外壁塗装の塗り替えをするタイミングがわからない人もいるのではないでしょうか。
一般的には10〜15年が目安とされていますが、外壁の材質や塗料、環境によって異なります。
10〜15年と年数を目安にすることも大切ですが、外壁の状態で判断することが重要です。
例えば、コケや藻といった症状です。
コケや藻が発生している場合は、外壁塗装の塗り替えのタイミングだとされています。
日当たりの悪い場所や、垣根、植え込み付近、結露の多い場所にコケや藻が発生します。
築10年が経過している家はコケや藻が発生している可能性が高いため、確認してみましょう。
中には、環境によって3〜5年でも発生することもあります。
藻やコケや見た目を悪くさせるだけでなく、外壁塗装も劣化させる原因となるため放置せず、塗り替えをしてください。

 

コケや藻は放置してはいけない

コケや藻は放置してはいけない

外壁の表面にコケや藻が発生する原因は、塗膜の性能が劣化し防水性が低下しているからです。
外壁や屋根そのものを傷めてしまうことはありませんが、コケや藻がない場所よりも水分を多く浴びています。
湿気を含んでおり、その影響で塗料が劣化しやすくなり、腐食の原因ともなるのです。
できるだけダメージの少ないうちに、除去をしましょう。
また、コケはカビを発生させる原因にもなります。
そのため、コケや藻だけでなく、カビにも注意が必要です。
カビはアレルギー性鼻炎を発生させることがあるため、放置していると人体への影響も与える可能性があります。
コケや藻がある場合の外壁塗装は、まずバイオ洗浄をしなければなりません。
バイオ洗浄で殺菌をして、綺麗にした状態で外壁塗装をしていきます。
手作業でも落とすことができますが、無理に取ろうとすると、外壁が傷む原因となります。
外壁塗装の塗り替えで注意しなければならないことは、塗料選びです。
コケや藻があった箇所は、再び発生しやすい箇所です。
せっかく外壁塗装の塗り替えをして綺麗にしても、数年後には再びコケや藻が再発するでしょう。
そのため、防コケや防藻の性能がある塗料を選ぶことが大切です。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール