0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装をする最適なタイミングと季節とは

外壁塗装をする最適なタイミングと季節とは

外壁塗装に最適な季節はいつ?

外壁塗装に最適な季節はいつ?

家の中でも外壁は直射日光や雨風にさらされて知らず知らずのうちに傷みが出てきやすい場所です。
そのため長く暮らしていくうちに外壁塗装の塗り直しを考えなければならないタイミングがやってきます。
基本的に外壁塗装はどの季節でも実施できる作業ではありますが、その地域の気候によっては作業が行えない季節もあります。
外壁塗装を行うのに最適な気候の条件は、天気が良いこと、そして空気がある程度乾燥していることです。
屋外での作業なので天気が良くないと塗料を塗ることはできません。
そのため、雨の日や雪の日は作業ができないのです。また、雨が降っていなくても湿度が85%を越えていると塗料が使用できなくなってしまうので、雨や湿度の高い梅雨の季節は不向きと言えるでしょう。
夏の作業では養生期間中は窓を締め切る必要があり、エアコンの室外機も覆われてしまうので冷房が使えなくなってしまい、冬は積雪の多い地方では塗装業者が仕事を請けないところもあります。
以上の点を踏まえると外壁塗装に最適な季節は春もしくは秋と言えますが、秋は台風のシーズンのためその点も考慮して選びましょう。

 

外壁塗装を考える最適なタイミングは?

外壁塗装を考える最適なタイミングは?

そろそろ外壁塗装をやり直さなければいけないと思っている人も、どのタイミングで踏み切ったらいいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。
塗り替えの最適なタイミングをはかる目安の1つに、壁を手で擦った時に粉がつくかどうかを見る方法があります。
壁を擦って手にチョークの粉のようなものがついたら、それは「チョーキング現象」と呼ばれるものです。
外壁塗装が直射日光などの影響で劣化し、成分の顔料が表面に付着するためこうした粉が浮き上がります。
チョーキング現象が見られたら、塗料の耐久力が弱まっていることになり、壁自体にも影響が及び始めるサインになります。
また、外壁の汚れが目立つようになったり、コケやカビが付着するような状態も塗料の耐久力が弱くなっていることを示します。
その他、ヒビ割れなどが見られたらそろそろ外壁塗装をやり直すタイミングだと判断しましょう。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール