0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装と雨漏りの関係について

外壁塗装と雨漏りの関係について

外壁から雨漏り

外壁から雨漏り

外壁から雨漏りが発生し、対処の仕方がわからない人もいるのではないでしょうか。
雨漏りと外壁塗装の関係について知り、適切な対処を行いましょう。
外壁から雨漏りが発生する原因は、建物表面の下に施された雨仕舞という部分が破損していることが挙げられます。
雨仕舞とは、建物の内部に雨水が入らないようにすることですが、雨仕舞が適切に行われない場合や、破損している場合は雨漏りの原因となることが多いです。
外壁塗装や壁材だけでなく、防水紙や防水シートを使って外壁塗装の面を抜けてきた雨水を中の構造部分まで到達させないようにしなければなりません。
すでに雨漏りが発生している状態では、雨仕舞にトラブルが発生しているため応急処置だけでは完全に雨漏りを防ぐことができないでしょう。
しかし、外壁塗装を用いて雨漏りを短期間だけ防ぐことができます。

 

防水塗装で雨漏りを防ごう

防水塗装で雨漏りを防ごう

これから外壁塗装をする予定のある人は、雨漏りの発生を防ぐために防水性のある塗料を選ぶことが大切です。
外壁塗装業者によっては、屋根やベランダ以外から雨漏りは発生しない、防水塗装をするだけ無駄だということがあるかもしれません。
しかし、外壁に深いひび割れが発生すると、水が屋内に侵入してきます。
雨があまり降らない地域もありますが、異常気象などによってどの地域でも大雨が降る可能性があります。
そのため、どの地域でも防水塗装を選ぶ必要性があるのです。
外壁にひび割れがあると雨漏りが発生しやすいですが、ひび割れの状態によって雨漏りが発生しないこともあります。
ヘアークラックと呼ばれる髪の毛ほどの暑さのひび割れは軽度です。
外壁塗装をすると塗膜が形成されますが、その塗膜がひび割れを起こしている状態であるため、雨漏りする可能性は低いです。
しかし、1mm以上のひび割れは雨漏りが発生しやすくなるため注意してください。
乾燥クラックは乾燥によって水分の蒸発が起こり、収縮したことによってできます。
危険度は軽度ですが、このままの状態で外壁塗装をすると塗膜にひび割れができやすくなるでしょう。
構造クラックは重度のひび割れです。
建物の構造的な欠陥、凍害などによって歪みが発生しひび割れがおきます。
この状態は雨漏りがしやすいです。
防水塗装を施し、雨水から建物を守りましょう。

 

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール