0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

外壁塗装にかかる期間とは

外壁塗装にかかる期間とは

外壁塗装の必要性を知ろう

外壁塗装の必要性を知ろう

住宅の外壁は雨や風などに常にさらされているため、塗料によって期間は異なりますが、定期的に外壁塗装を行う必要があります。

外壁塗装の耐用年数の時期を過ぎてしまうと、外壁に深刻なダメージが受けてしまい、住宅の耐久性が低下するのです。

耐久性が低下すると、外壁のヒビの原因や雨漏り、内壁の腐食など、様々な危険性に繋がります。

また、外壁塗装を定期的に行うことで、住宅の外観を美しく保つこともできるでしょう。

様々なメリットがある外壁塗装ですが、外壁塗装を行っている期間は職人が作業しやすくするために、仮設の足場を組み、塗料の飛散防止シートが貼られます。

外壁塗装が行っている期間は、洗濯物を外に干すことは避けたほうが良いでしょう。

そのため、外壁塗装にかかる期間はどのくらいかかるのか不安に思う人もいるのではないでしょうか。

外壁塗装にかかる期間について知っておきましょう。

 

 

外壁塗装にかかる期間について

外壁塗装にかかる期間について

外壁塗装にかかる期間は、住宅の状態や規模、職人の人数によって異なります。

一般的な戸建の場合は、10日から14日程度と言われており、アパートの場合には12日から21日程度です。

さらに、マンションの場合は、1ヶ月から2ヶ月かかると言われていますが、どの住宅でも天候や季節によっても期間は左右されます。

外壁塗装の期間が伸びる恐れがある条件は、雨が降ってしまった場合や住宅の築年数が長いこと、住宅の痛みがひどい場合です。

外壁が濡れていると、塗料の密着が悪くなってしまうため、雨が降っている場合には作業を行うことができません。

そして、住宅の築年数が長い場合や痛みがひどい場合には、外壁の洗浄や下地の調整に時間がかかるため、外壁塗装の期間が伸びると言われています。

あまりにも短い期間を提示してくる業者は、作業を省いて行っていたり、乾燥させずに行っていたりする危険性もあるため、やり直しになってしまうケースもあるでしょう。

しっかりと作業を行ってくれる外壁塗装の業者に依頼することをおすすめします。

 

 
お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール