0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

塗り替える周期を伸ばす外壁塗料

階段をリフォームして快適で安全な生活

耐用年数が塗り替えの周期を決める

耐用年数が塗り替えの周期を決める

外壁塗装は、一度塗ったら終わりというわけではありません。
外壁塗料にはそれぞれ耐用年数があり、時期がくると塗り替えをする必要があります。
また、外壁塗料の耐用年数は、外壁を保護できる期間を指す場合が多いため、耐用年数が長い外壁塗料を選ぶと、塗り替えの周期も長くなるのです。
耐用年数が長い外壁塗料は、フッ素塗料やシリコン塗料などの耐久性や耐候性が高いものが挙げられます。
それぞれ外壁塗料のグレードによって耐用年数が大きく変わるとされており、外壁塗装をする面の材質によっても左右されるため、外壁塗装を検討している人は知識を身につけておきましょう。
外壁塗装は決して安くありません。
塗り替え周期のことも考慮し、外壁塗料を選ぶことが大切です。

 

 

塗り替え周期を伸ばす塗料とは?

塗り替え周期を伸ばす塗料とは?

一般的に、高額な外壁塗料であるほど耐用年数が長い傾向にあります。
しかし、中にはナノテク塗料や断熱塗料などといった特殊な塗料があり、機能を重視した塗料は耐用年数が長いとは限りません。
また、悪質な外壁塗装業者のオリジナル塗料は耐用年数が30年と言いながら、10年も保たない恐れもあるでしょう。
耐用年数が最も長いと言われているのは、フッ素樹脂塗料で、15年から20年だとされています。
次に長いのは、ラジカル制御形塗料で13年から15年、シリコン樹脂塗料は10年から15年です。
ウレタン樹脂塗料も比較的長く、7年から10年でしょう。
耐用年数を基に塗り替えの周期が決まりますが、すべての外壁塗料に耐用年数が設定されているわけではありません。
さらに、外壁は常に外気に晒されており、雨や風、紫外線などの影響を受け、少しずつ劣化していきます。
地域によっても劣化具合が異なり、耐用年数よりも前に塗り替えが必要になるケースがあるため、注意しましょう。
塗り替えの周期を伸ばしたいという人は、アプラウドシェラスターNEOという無機塗装がおすすめです。
アプラウドシェラスターNEOは、塗り替え周期を伸ばすための外壁塗料で、フッ素樹脂塗料を超える超耐候性により、塗り替えの周期を伸ばすことができます。
外壁塗装業者と相談しながら、塗り替えの周期を伸ばす外壁塗料を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 
お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール