0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

光を取り入れる明るい住宅リフォーム

光を取り入れる明るい住宅リフォーム

住宅リフォームで光を取り入れよう

住宅リフォームで光を取り入れよう

今住んでいる住宅に不満や悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。
現在感じている不満や悩みを解消すれば、今以上に暮らしやすい住宅になるでしょう。
住宅リフォームで不満や悩みを解消してみてはいかがでしょうか。
悩みのひとつに、光があります。
光を取り入れる住宅リフォームをすると、昼間は電気をつけなくても生活できるようになります。
電気をつける必要がなくなれば、電気代も抑えることができ省エネにつながるのです。
電気で明るくなる住宅よりも、自然の光が差し込む明るい住宅の方が健康的ではないでしょうか。
住宅リフォームで、ただ窓をつくれば良いというわけではありません。
部屋の明るさは、窓の大きさや設置する位置に大きく関係しています。
光を取り入れるために住宅リフォームしたはずが、全く光が入ってこないということがないように、ポイントを知っておきましょう。

 

光を効率よく取り入れるポイント

光を効率よく取り入れるポイント

光を効率よく取り入れるポイントのひとつに、方角があります。
東西南北で光の差し込み方が異なるため、直射日光が入りにくい方角と、入りやすい方角によって窓の設置位置と大きさを変えましょう。
例えば、光が入りにくい方角には高い位置に窓を設置し、直射日光が入りやすい方角には大きな窓を設置することです。
朝日が入る方角は出窓にすると良いでしょう。
また、窓の位置は外からは見られないように設置の仕方を工夫することもポイントです。
屋根や天井に設置する窓は、トップライトにすることで外からの視線を遮り、効率よく室内に光を取り込みます。
吹き抜けのリビングや玄関ホールにはハイサイドライトを設置し、部屋の奥まで光が届くようにしましょう。
和室や廊下の窓にはローサイドライトを設置し、床のみに光が入るように工夫します。
サイドライトは一般的な窓のことをいいますが、外から室内が丸見えにならないように、取り付ける位置に注意しましょう。
住宅の特徴を理解しながら、窓を選ぶのが大切なポイントです。
取り付ける位置にもこだわり、効率よく室内に光に入ってくるように住宅リフォームしてみてください。

 
お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール