0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

高齢者が暮らしやすい住宅リフォームについて

高齢者が暮らしやすい住宅リフォームについて

高齢者が暮らしやすい家づくり

高齢者が暮らしやすい家づくり
高齢者が暮らしやすい住宅にリフォームする人が増えてきています。
住宅リフォームをするタイミングは様々ですが、定年退職を迎えたあとに将来を見据えて、高齢者でも不自由に感じない住宅にリフォームする人が多いです。
高齢者になると、足が不自由になるなど、体が自由に動かなくなります。
歩行が少し困難になると少しの段差でつまずいたり、手すりを使用して体を支えないと階段を上ることができなかったりする状況になるため、住宅をリフォームし、高齢者でも暮らしやすい家づくりをする必要があるのです。
高齢者でも暮らしやすい住宅にリフォームするためには、どのようなポイントに注意しなければならないのでしょうか。
初めてリフォームする人は、どのようにリフォームすればよいかわかならないはずです。
将来のために住宅リフォームを検討している人は、ポイントを知っておきましょう。

高齢者が暮らしやすい住宅リフォームのポイント

高齢者が暮らしやすい住宅リフォームのポイント

高齢者が暮らしやすい住宅リフォームのポイントのひとつに、1階ですべての日常生活を送れるようにするということが挙げられます。
2階に上がる必要がなければ、車椅子でも日常生活が困らないでしょう。
寝室や和室、収納スペース、キッチン、風呂場などすべて1階に設けます。
わずかな段差にもつまずきやすくなるため、無駄な段差を省きましょう。
車椅子のことも考え、トイレや洗面所に車椅子でも動けるスペースを設けることもポイントです。
また、ドアのタイプも確認しましょう。
車椅子のままでもドアが簡単に開けられるようなものに交換することをおすすめします。
室内の温度変化も注意しなければなりません。
冬場になると浴室とリビングの温度によって、体に大きな負担がかかります。
そのため、浴室は断熱性の高いユニットバスにしたり、バリアフリー仕様にしたりしましょう。
浴室だけでなく、トイレや洗面所にも埋め込み型の暖房機を設置すると、各部屋の温度変化を最小限にすることができます。
光熱費が気になる人は、エアコンを蓄熱式暖房機に変更するとコストダウンが可能です。
他にも高齢者が暮らしやすい住宅リフォームのポイントがあるため、様々な場面を考えて体に負担がかからない家をつくりましょう。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール