0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

暮らしを快適にする空調設備をリフォーム

暮らしを快適にする空調設備をリフォーム

空調設備をリフォームして生活環境をより良くする

空調設備をリフォームして生活環境をより良くする
四季がある日本において暮らしやすい住環境を維持するためには、空調設備を充実する必要があります。
部屋にエアコンを設置しているケースもありますが、部屋やリビングは快適でも、トイレや廊下、浴室などは寒い、または暑いという状況もあるのではないでしょうか。
暮らしを快適にするためには、全館換気できる空調システムの導入を検討してみましょう。
全館空調は、住宅のあらゆる部分を最適な温度にして、暮らしやすい環境を作り出します。
一般的に使用されているエアコン以上の快適性を実現することができ、夏や冬だけではなく、それ以外の季節でも過ごしやすくなるでしょう。
住宅が古くなると、リフォームを検討することが多く、デザインや間取りの変更を行いますが、空調設備のリフォームは、暮らしをより良くするためには必要です。
家の中で温度差を感じることがなくなるでしょう。

リフォームをするなら空調設備の見直しも検討したい

リフォームをするなら空調設備の見直しも検討したい

最近では、高気圧性・断熱性の住宅が増えています。
そのため、エアコンなどのエネルギーのロスが少なくて済むように設計されています。
しかし、室内の空気が入れ替わる回数が、今までの家に比べて少なくなってしまうというのが現状です。
個人差もありますが、人が快適と感じるには、気温が18度から25度、湿度は40%から65%と言われています。
高温多湿や乾燥していると、食中毒や風邪などの原因になる恐れがあります。
リフォームの際に、空調設備を備えることで、全館換気と全館空調で空気の入替えや最適な温度設定ができるようになるのです。
住宅の空調問題としてよく挙げられるのは、部屋内部の上下による温度の違いや換気不足に関する問題も、空調設備リフォームにより解決できるでしょう。
また、省エネ化されているものが多いので、非常に優れたコストパフォーマンスが期待できます。
快適な暮らしを作り上げるだけではなく、節電にも繋がるでしょう。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール