0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

二世帯リフォームのポイント

二世帯リフォームのポイント

リフォームで二世帯住宅とは

リフォーム費用をローンに
結婚を機にどちらかの両親と住む、両親が高齢者になったため、または孫と住みたいなど、二世帯住宅にする理由は様々です。
しかし、二世帯住宅にするとなると、違う土地に新築したり、立て直したりするイメージがありますが、既存の家を活かしてリフォームする方法があります。
二世帯住宅にすると、住む人の人数も増えるため、間取りの変更や部屋数を増やすなど、問題点がでてきます。
リフォームは、新築や立て直しに比べて、費用が掛らずに済むでしょう。
家族が増えることにより、ニーズが変わる部分がありますが、二世帯住宅リフォームで高齢者になる家族のためにバリアフリーや、子供に安全な作りにするなどメリットがたくさんあります。
二世帯住宅リフォームは、新築や立て直しほど費用が掛かりませんが、それでもやはり、費用の面が心配な人には、条件を満たせば、助成金が出る制度もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

二世帯住宅のタイプ

二世帯住宅のタイプ

二世帯住宅にリフォームする際は、どのような間取りにするかが重要ですが、二世帯住宅にはいくつかタイプがあるため、家族のニーズに合ったものにしましょう。
まず完全同居タイプですが、殆どのスペースを共用で使用するタイプになります。
リビングやバルコニーを広めに確保するため、家族のコミュニケーションを大切にする人にはおすすめです。
しかし、トイレや浴室も共用にするため、人数が多い家族の場合、使いにくいことがでてきます。
そのような場合は、部分共用タイプがおすすめです。
リビングやバルコニーなど、家族で集まれる場所は広めに確保することは変わりませんが、トイレや浴室は別に使用できるようにしたり、ミニシャワーなどを別で設けたりするなど部分的に共有ができるタイプです。
そして、完全分離型といって、玄関から別にするプライバシーが守られたタイプのものがあります。
それぞれの広さを取ることに限界がありますが、生活リズムが違うような家族や高齢者などがいる場合、全員が不便さを感じることなく、生活できます。
しかし、コミュニケーション不足や、万が一高齢者の家族に何かがあった場合に気づきにくいデメリットがあります。
そのため、バルコニーだけを繋げてみたり、別の連絡通路を設けてみたりなど配慮があると良いでしょう。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール