0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

リフォーム専用のローンについて

リフォーム専用のローンについて

リフォーム費用をローンに

リフォーム費用をローンに
住宅は住んでいると、劣化や、水回りなどの機器故障、高齢者がいるため、更に最新の住宅にしたいなど、様々な理由からリフォームに踏み切ることがあるでしょう。
その場合、規模は関係なく費用の心配がでてきます。
特に広いリビングや、最新モデルの浴室やキッチンにリフォームは、規模に関わらず高額になってしまうことがあります。
また、リフォームをする多くの人が、費用の支払いとしてローンを組んでいます。
住宅に関するローンと聞くと「住宅ローン」を思い浮かべますが、リフォームの場合、「住宅ローン」と「リフォームローン」が組めるようになっているのです。
リフォームローンはあまり聞き慣れませんが、住宅ローンとの最大の違いは、住宅ローンは担保型ですが、リフォームローンは担保型と無担保型かどちらか選ぶことができます。
担保型とは、借りる金額が大きいため、金利が安く、返済期間も長くすることができるので、主に住宅を建てたときに組む人が多いです。
さらに無担保型とは、担保が不要のため、金利が高く、返済期間も短く、借りられる額も少ないのが特徴です。
無担保型は、リフォームなどの住宅を立てる時ほど、大きな費用が掛からない場合に組むことができます。

リフォームローンを決めるポイント

リフォームローンを決めるポイント

リフォームをした費用を支払うために、ローンを組む人が殆どですが、どちらにもメリットやデメリットがあるため、決める際、参考にしてください。
まず、ローンを組む際に必ずある審査ですが、どちらも完済する年齢がポイントになります。
同時に、返済できる能力が続けられる健康状態、勤続年数も審査内容に入ってきます。
リフォームローンの場合、借入額が少ないため、勤続が1~2年であっても審査が通りますが、返済期間が住宅ローンは30年~35年に対し、リフォームローンは10年~15年となるため、とても短いので気をつけましょう。
そして、担保型か無担保型かを決める場合は、リフォームに掛かる全体費用が大体わかってから決めます。
担保型は担保を登録する際に、事務手数料や保証料などで20万ほど掛かってしまうため、無担保型より高額になってしまう恐れがあります。
しかし、無担保型は保証人が不要であり、審査も比較的通りやすく、諸費用も安く済み、書類なども簡単なため、費用が安く済みます。
決める際は全体のリフォーム費用や、返済能力を考慮して決めてください。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール