0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

新築よりリフォームにするメリット

新築よりリフォームにするメリット

新築のメリット

新築のメリット
新築住宅を購入するか、中古住宅を購入してリフォームを行うか迷う人が多いのではないでしょうか。
新築住宅と、リフォームのどちらが良いのか、それぞれメリットとデメリットを比較して考えてみると良いでしょう。
まず、新築住宅のメリットは、土台から設計するため、理想のデザインを提案しやすいことが挙げられます。
また、断熱性能や、省エネ対策などに優れた住宅をつくることができます。
一方で、中古住宅をリフォームする際は、物件によっては古く、構造部分が傷んでいる場合があります。
物件が傷んでいる場合、補強が必要になるでしょう。
構造部分までリフォームを行うとなると、費用や工期がかかるというデメリットがあります。

リフォームのメリット

リフォームのメリット

中古物件をリフォームするメリットは、新築に比べて、費用が安くなるということです。
一般的には、リフォームのほうが新築に比べて、費用が安く済むと言われています。
新築には、土地代、土地仲介手数料、工事費、登記費用、建材や設備機器費用などかかります。
一方で、リフォームの場合は、中古物件購入費用、物件仲介手数料、売買契約の印紙税、登記費用、リフォーム費用などかかりますが、新築に比べて、物件取得費用を大幅におさえることが可能です。
新築時から月日が経てば経つほど、中古物件の価格は安くなるため、予算を抑えることができるでしょう。
構造部分に、大きな損傷や痛みがない場合は、リフォームのほうが費用は安くなります。
そのため、中古物件をリフォームする際は状態の良い物件を選ぶことが大切です。
構造部分が傷んでいなければ、外壁などは塗装を行うことで、綺麗になります。
また、外壁塗装を行う際に、塗料にこだわることで断熱効果を高めるなど住みやすい家づくりが可能です。
余計なコストを削減するためにも、状態の良い物件を選び、必要最低限のリフォームをするのがおすすめです。
また、中古物件の場合は、新築に比べて、周辺の環境を見ることができます。
生活する上で、自分に合っているかどうか確認することができるのは既存住宅のメリットといえるでしょう。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール