0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

リフォームとリノベーションはどう違う?

リフォームとリノベーションはどう違う?

リフォームとリノベーションは別物

リフォームとリノベーションは別物
長い間住んでいると住宅は劣化してきますので必要に応じて修理などをしなくてはいけませんし、以前よりも性能の高さを実現させたいと思うものです。
自分たちの希望で今住んでいる住宅を建てた場合であったとしても、この業界の進化スピードはすさまじいものがあるので、キッチンやお風呂、その他様々な部分をより良くしたいと感じるでしょう。
そんな時にはリフォームやリノベーションをしようと考えますが、実はリフォームとリノベーションは全く別物となります。
同じような意味合いで使用していたり、名前のカッコよさでリノベーションをあえて使っていたりする場合もありますが、違いを把握しておくことをおすすめします。
まずリフォームというのは、劣化した内装や外装などを新築の状態に戻すためのことを指します。
対してリノベーションは、新築時を超える性能を住宅に持たせるために行う工事のことで、例えば最新のシステムキッチンを導入したり、バスルームの性能を上げたり、省エネ住宅にすべく断熱性や気密性などをより持たせたりといった内容を指します。
リフォーム=原状回復、リノベーション=性能のアップと考えるべきでしょう。

リフォームとリノベーションについて

リフォームとリノベーションについて

これらの違いを把握していないと業者に依頼する際に自分たちの思いをきちんと伝えることができないかもしれません。
この2つには上記した以外の違いもあり、施工期間や費用などは当然リフォームよりもリノベーションのほうが高くなる傾向になります。
リフォームをする時というのは経年劣化などを実感している場合ですから必要に迫られて…となりますが、リノベーションはより良い暮らしを実現させる目的で行うので、より前向きな施工だと言えます。
それぞれメリットもあればデメリットもありますから、自分の住宅にはどちらができしているのかを考えたいです。
リフォームとリノベーションの内容を同時に行うことも一般的でしょう。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール