0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

地球にやさしい低炭素住宅とは?

地球にやさしい低炭素住宅とは?

低炭素住宅とは

低炭素住宅とは
低炭素住宅には国が定めた明確な基準があります。
それは低炭素建築物認定制度によって定められているもので、基準以上の省エネルギー性能を備え、低炭素化に対する何らかの措置を行っていること・低炭素化を促す都市の方針に沿っていること・資金計画が適切であること、の3つが条件となります。
ややこしくて難しそうな印象に感じられるかもしれませんが、至極簡潔に説明するなら、「二酸化炭素の排出を抑えた地球にやさしいおうち」のことです。
低炭素住宅の基準に従って家を建てると、一般的に省エネ住宅と呼ばれている家よりもさらに高い省エネ性能を付加することになります。
高い省エネ性能を持った家は光熱費も抑えられるうえ、税制優遇措置も受けられて非常にお得と言えるでしょう。
建築時から低炭素住宅をテーマに設計できれば何も問題はありませんが、優遇措置を受けたとしても一般的な住宅よりも高コストになってしまうデメリットは避けられません。
将来的には低炭素住宅が義務化される見通しのため、低炭素住宅を建てるなら税制優遇がある今のうちといった意見もある一方で、既存の住宅の低炭素化が進んでいない点も危惧されています。

リフォームで我が家を低炭素住宅に近づける

リフォームで我が家を低炭素住宅に近づける

既存の住宅はリフォームによって新築される低炭素住宅に近づけることも可能です。
この場合、新築時に受けられる税制優遇と全く同じ優遇制度は受けられませんが、省エネ住宅エコポイントが付与されることになります。
低炭素化につながるリフォームの種類は多く、太陽光発電設備を設置したり、ヒートポンプやエコジョーズなどの高効率設備機器を設置したりと言ったリフォームが代表的です。
新築の家で基準としている省エネ基準は一次エネルギー消費量を1割以上削減することとしています。
確かに低炭素住宅に近づけるためのリフォームには費用が掛かりますが、二酸化炭素排出量の削減は全世界的な課題です。
地球に生きる者として、リフォームで低炭素化を目指してみませんか?

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール