0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

2重サッシへのリフォームによるメリット

2重サッシへのリフォームによるメリット

2重サッシのリフォーム方法

2重サッシのリフォーム方法
2重サッシは内窓とも呼ばれ、2枚の窓ガラスが取り付けられているサッシを指しています。
建築時から2重サッシにする場合は2重にすることが前提となっているため、壁の厚さをあらかじめ調整してあることがほとんどです。
一方、リフォームによって1本だったサッシを2重サッシにする場合は室内側に樹脂製のサッシを取り付けることになります。
2重サッシのリフォームはマンションでも可能で、サッシの色やデザインなども選ぶことができるため、サッシをリフォームするだけでお部屋の雰囲気をガラッと変えることもできます。
また、もともとの窓ガラスとは違う性能を持ったガラスを設置すれば、多機能な窓となるでしょう。

2重サッシのメリット

2重サッシのメリット

2重サッシにリフォームすると、一枚だけで構成される窓ガラスでは得られなかったメリットがたくさん出てきます。
窓は室外の影響を最も受けやすい場所であり、夏なら熱気が、冬なら冷気が窓を通して室内に入ってきます。
窓ガラス自体が外気の暑さ・寒さを直接室内に伝えてしまい、エアコンの効率が悪くなってしまうのです。
2重サッシにすると、空気の層ができることで室内に接している窓ガラスが直接外気と触れないため、高い断熱効果が得られます。
断熱効果は部屋の温度を快適に保つだけでなく、結露の防止や省エネにもつながります。
さらに、2重サッシにリフォームすると防音効果も高めることができます。
音は窓の隙間からどうしても流れ込んでしまうものですが、2重サッシにすると1回で防げなかった音の波を内窓が妨げてくれるため、ぐっと静かな環境を保つことができるのです。

少し前までは住宅エコポイント制度が実施されていましたが、平成26年度からは「省エネ住宅ポイント制度」が始まり、2重サッシもこの対象リフォームとなっています。
断熱、結露予防、省エネ、防音、お部屋のイメージチェンジと様々なメリットがある2重サッシへのリフォームを、この機に行ってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール