0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

キッチンをリフォームする時の注意点

キッチンをリフォームする時の注意点

キッチンリフォームで後悔しないために

キッチンリフォームで後悔しないために
キッチンは家の中でも使用頻度が高く、こだわりを強く持つ人も多い部分です。
だからこそ、リフォームするときには絶対に失敗したくない!という思いはひとしおかもしれません。
しかし、以前よりも高機能な最新式のキッチンにリフォームしたのに、手放しでは喜べない失敗をしてしまう人も実際にはたくさんいます。
こだわりすぎて見えなかった落とし穴が、そこに隠されていたためです。
そこで今回は、失敗事例からキッチンをリフォームするときの注意点を見ていきましょう。

キッチンリフォームの注意点

キッチンリフォームの注意点
キッチンリフォームでよくある失敗が、調理スペースの問題です。
全自動食洗機付きでコンロは3口、シンクも以前よりずっと広いキッチン…と聞くととても調理しやすそうに思えますが、その分切ったり盛り付けたりといった調理スペースが狭くなり、実際には使いにくいキッチンになってしまうことがよくあります。
調理スペースは、最少でも幅45cm程度は確保するようにしましょう。
収納スペースの作り方にも注意が必要です。
奥行きのたっぷりある収納スペースでは奥にあるものが取り出しにくく、死蔵品がたくさん出てしまいます。
すべての収蔵食品が一目でわかる位置にあるのが理想と言えます。
また、家電、特に冷蔵庫置き場は将来的に買い替えることを前提にして、設置スペースにはゆとりを持たせておきましょう。
現在使用中の冷蔵庫にぴったりのサイズで作ってしまうと、後々家族が増えて大きな冷蔵庫に買い替えたいときに入らなくなってしまいます。
電子レンジや炊飯器置き場なども、買い替える前提で余裕を持たせたほうが良いかもしれません。
最後に、リフォームで使用する素材についての注意点です。
掃除がしやすいようにと床をタイル仕様にしたら、油で滑って危険な状態になってしまった例があります。
掃除のしやすさも大切ですが、つるつるした素材、油で滑りやすくなる材質は避けたほうが無難です。
また、おしゃれに無垢の木をサービスカウンターに使うと、常に水がかかることで木質材が腐ってしまう恐れがあります。
キッチン周りには水に強い素材を選ぶことも大切なポイントです。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール