0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

バリアフリーリフォームの種類

家のグレードを上げる玄関のリフォーム

足元のバリアフリー

バリアフリー住宅とは、極論すれば誰でも住みやすい家のこと。
車椅子でも松葉づえでも赤ちゃんでも若い人でも全員が障害無く住まうことのできる家のことです。
バリアフリーリフォームの最たる有名どころは段差の解消でしょう。
段差にスロープを付けることでも解消できますが、ドアの段差の場合はドアごとリフォームしてしまった方が長い目で見れば安心でしょう。
押したり引いたりするドアよりも、横にスライドさせるだけで開く引き戸の方がバリアフリーには向いています。
また、足元のバリアフリーリフォームで忘れがちなのが滑りやすさです。
つるつるのフローリングは見ていて美しいかもしれませんが、子どもや高齢者、そしてペットに対しても優しいとは言い難いでしょう。
転倒といえば段差のように考えがちですが、フローリングの床も滑りにくいものに変えましょう。
これはお風呂にも言えることで、特に水で滑りやすくなっているため水はけのよい素材を活用してください。
さらに、高齢者がキッチンに立つ機会が多い家庭は、キッチンもリフォームすることをおすすめします。
座って作業ができるようになればとても楽になることでしょう。
足元のバリアフリー

手元のバリアフリー

安価なためまず初めに取りかることが多い手すりの取り付け工事。
まだ必要はないにもかかわらず取り付けてしまい、邪魔になってしまうパターンも度々あります。
手すりのリフォームは比較的短時間の工事でできますので、必要な時に必要な人に合った手すりを取り付ける方が賢いかもしれません。
また、ドアノブや引き戸の取っ手などは大きくし、少ない力でも動かせるようにしておくと良いでしょう。
バリアフリーリフォームは、必要に迫られて慌てて行うことも多いですが、前々から準備しておけばその時になって困りません。
現状問題ないにもかかわらず今すぐ完璧なバリアフリーにする必要はありませんので、どのバリアフリーリフォームが必要か、どんな順番に行うかなどあらかじめ家族と相談しておくと良いでしょう。
足元のバリアフリー

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール