0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

泥棒の進入を防ぐエクステリアのリフォーム

家のグレードを上げる玄関のリフォーム

泥棒を家に近づけさせないために

泥棒が家の中に侵入する時間帯で最も多いのが昼間であり、その場所は窓からという統計があります。
暗闇に紛れて玄関のカギ穴に針金を突っ込んで技術で開ける…というのは被害に遭ったことのない人の多数が抱いているイメージにすぎません。
考えてみれば当然のことで、昼間は仕事や学校、買い物などで家を空ける人が多いですし、玄関のカギを開けるよりも窓を割ったほうが早いのです。
そのため、窓に直接防犯対策を施すことは意味があると言えるでしょう。
その一方で、そもそも泥棒を建物に近づけないようにすることも求められます。
エクステリアのリフォームは、泥棒が嫌う音と光、そして人の目を活用しましょう。
泥棒を家に近づけさせないために

エクステリアでできる防犯対策

泥棒は家に誰もいないことを確認してから侵入を試みます。
その確認方法で最も多く取られているのが、インターホンを押すこと。
エクステリアのインターホンを顔が見えるものにし、さらに録画ができるようにしておくことで、不在確認自体を防ぐ効果が期待できます。
インターホンを押すときに外側にも音が出るようにすれば、その音で誰かに気づかれてしまうことを恐れてそれ以上近づかない泥棒もいます。
また、外が見えないような塀でぐるりと取り囲むのではなく、見通しが良くて乗り越えられないくらいの高さのフェンスや門扉が最適です。
郵便物を確認して不在確認を行うのも泥棒の常套手口ですから、ポストも外から開けられないようにリフォームすると良いでしょう。
人の心理として2階以上の部屋の窓の施錠はおろそかになりがちなため、泥棒もわざわざ2階に登って侵入してくるケースがあります。
エクステリアとは少し違いますが、ベランダやバルコニーのフェンスもこの機会に見通しの良いものに変えておくと良いでしょう。
泥棒が盗むものは家の中のものだけではありません。
車庫に駐車している車も狙われています。
車は家人が帰宅した後の深夜に狙われることもあるため、フェンスとカギの設置だけでなく人感センサー付きのライトの設置も望ましいでしょう。
このように、エクステリアのリフォームによって住宅の防犯機能は格段に向上します。
エクステリアでできる防犯対策

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール