0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

使い勝手を良くする水回りのリフォームのタイミング

使い勝手を良くする水回りのリフォームのタイミング

老朽化する水回り

老朽化する水回り
この世に存在するものは例外なく老朽化するものです。
住まいに関してももちろん例に漏れず、キッチン、バスルーム、トイレなどの水回りも年月の経過と共に老朽化していきます。
水を使う場所は特に毎日、複数人が使用することが多いという点からも、築年数の経過によりリフォームを考えたいところです。
一般的に、老朽化を理由とするリフォームのタイミングとしては、早くて15年、長くても25年程度とされています。
しかし、水回りの設備はメーカーごとに多種多様な商品がラインナップされており、それらのスペックはピンキリであるため、耐用年数にも大きな差があることを考慮しておかなければなりません。
これはリフォームを行う際にも言えることで、どのメーカーのどの商品を選ぶかによって費用は大きく異なります。
最新型のシステムキッチンにオプションをたくさん付けてリフォームするよりも、老朽化を修復できればよいといったリフォームの方が費用を抑えられることは、考えるに及びません。
ただ、水回りの製品は数十年前と比べて大きく進歩しているため、この機会に使い勝手の良さも考慮したリフォームを行うことをおすすめします。

リフォームのタイミングを見極める

リフォームのタイミングを見極める
水回りの老朽化には使い方などの要素も加わることからリフォームのタイミングを見極めにくい面もあります。
たとえば、バスルームのリフォームのタイミングとしては、タイル張りの浴室は20年もすれば土台が腐食している可能性を疑いましょう。
浴槽やタイルにヒビが入っている場合はそこから内部に水が入り込んで内側から腐食が進んでいる確率も高いといえます。
リフォームのタイミングを逃しても使えないことはないため見逃しがちですが、放っておくと構造部まで侵されて費用が増大することにもなりかねません。
そして重要なのが、リフォームのタイミングは老朽化だけではないということです。
毎日キッチンを使っていれば汚れは蓄積されて掃除してもなかなか取れないようになってきます。
さらに、新築時は気にならなかったものの使い勝手の悪さを感じるようになることも不思議ではありません。
このような点を感じた時もリフォームのタイミングと言えるでしょう。
水回りのリフォームはまとめて行うと費用を抑えられるため、リフォームの際は業者に相談してみるとよいでしょう。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール