0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

介護のリフォームなら9割が補助される助成金制度

介護のリフォームなら9割が補助される助成金制度

高齢社会日本の助成金制度

日本国民の高齢化が問題視されるようになって久しい現在において、高齢者を守る制度も拡充されてきています。
その一つが、要介護者がいる家のリフォームを補助してくれる制度です。
概要をごく簡単に言えば、20万円までなら9割は国が出してくれるというもの。
これは介護保険により定められた制度ですが、自治体によってはこれ以外の制度を設けている場合もありますので、自分の住んでいる地域の自治体はどのような制度になっているかあらかじめ調べておくと良いでしょう。
高齢になって車いす生活を余儀なくされる人も少なくない現状、このような制度は大変ありがたいものです。
20万円という金額は一度のリフォームに対してではなく、少しずつ家を改修する場合にも適応される点も安心です。
また、リフォームした家を離れる必要がある場合は、転居後にまた改めて20万円までの給付が受けられます。
さらに、要介護や要支援にはランクが定められていますが、3段以上ランクが上がった場合でも更なるリフォームが必要と判断されてまた改めて給付されますので至れり尽くせりの制度と言えるのではないでしょうか。

高齢社会日本の助成金制度

助成金が受け取れる条件

9割の助成金が出るとはいえ、当然ながら何にでも適応されるというわけではありません。
介護保険が適応されるのは、手すりを取り付ける、段差をなくす、滑らないようにする、戸を開けやすいタイプのものにする、トイレを洋式にするといったリフォームです。
しかしこれはあくまでも介護保険の助成金です。
前述した通り、各自治体でも介護のためのリフォームに助成金を出している場合が多々あります。
例えば、東京都なら介護保険とは別に、洗面台や浴槽の取り換えも負担してくれます。
介護保険と自治体の制度をよく照らし合わせ、自己負担がいくらで済むのか確認しておきましょう。

悪質なリフォーム業者に注意

悪質なリフォーム業者に注意
日本は性善説がまかり通る国である分、悪質な介護リフォームには注意が必要です。
助成金が受け取れるからすぐにでも工事をしましょう、などと説明や相談などもなしになし崩し的にリフォームに取り掛かるような業者は要注意です。
介護保険の助成金を受け取るためには主治医やケアマネージャーと言った専門機関が、本当にリフォームの必要があるかを国に提示する必要があります。
そのため、「後で受け取ればいい」などと安易な考えで契約するのは良くありません。
本当に良い業者は、手すり1本を取り付けるだけでも事前によく相談し、親身になって説明をしてくれるはずです。
要介護者にとって重要なリフォームであるからこそ、本当に良い業者を選んでいただきたいものです。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール