0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

汚れの目立ちにくい外壁の色と材質

汚れの目立ちにくい外壁の色と材質

外壁塗装をするなら汚れが目立たない色を選択したい

外壁塗装をする理由は様々で、劣化した外壁を補修する目的もありますが、やはり見た目を綺麗にするというのも大きな理由のひとつです。
見た目を美しくするというのが目的であれば、塗装した後についてしまった汚れが目立つようでは意味がありません。
今は多くの種類の塗料があり、汚れが付着しづらいものや、雨が汚れを流してくれるものもありますが、もちろん完璧に汚れを防ぐことなど不可能です。
ということは、汚れが目立ちにくいような色の塗料をあらかじめ選んでおくことが大切でしょう。
汚れが目立ちにくい色としておすすめなのは、グレー。
多くの住宅の外壁で使用されているのを見かけますし、周囲の景観の中にしっかりと溶け込み、きちんと馴染むのでそういった面でも人気があります。
ホワイト系やブラック系の色だとすぐに目立ってしまうため、それらの色を使いたい場合は防汚性の高い塗料を使いたいところです。
一方、グレーだと複数種類が原因の汚れが付着したとしてもその汚れに気付かれにくいというメリットがあります。
またグレーの他にアイボリーも汚れが目立ちにくい色としておすすめです。
グレーよりも明るくて清潔感溢れる外壁を作り上げることができます。
オシャレにこだわっている人が建てる住宅にもアイボリーの塗料は積極的に使用されています。
もう一つ、汚れの目立ちにくい色を挙げるとするなら薄めのブラウンでしょうか。
おしゃれで可愛らしい雰囲気の住宅などでもマッチするので、外壁塗装の色を考える際に候補に挙がりやすい色でもあります。

汚れ対策にもなる材質を選ぼう

塗料の色選びもかなり重要で、絶対に気を遣わなくてはいけない部分ですが、材質も同様です。
これは住宅を建てる際に特に注意したい部分で、例えばタイル素材は汚れが付着しづらいとされています。

実は材質次第で、汚れやすさというのは大きく変わってくるので、こだわっておくに越したことはありません。
タイルですとオシャレな外壁を作ることもできますし、様々な種類の住宅にうまく合います。
タイルの他には、窯業系サイディングボードも汚れ対策にピッタリでしょう。
最近建造されている住宅の多くが窯業系サイディングボードを使用していますが、その理由はデザインのしやすさ、そして汚れに関するメリットがあるからです。
外壁の材質は建てた後で変更することが難しい部分ですから、外壁塗装の塗料を工夫すると良いでしょう。

トラストワークでは住宅をはじめ様々な外壁塗装を行っており、アフターフォローに関しても非常に充実しています。
地元に密着しているので安心して外壁塗装のご依頼をいただけますし、自社で外壁塗装を行います。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール