0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

家の外壁塗装リフォームに適した時期

家の外壁塗装リフォームに適した時期

やっぱり気になる、外壁塗装の気候条件

現在の外壁塗装剤は、開発が進んで品質や性能が安定していることから、オールシーズン対応OKなので、今では時期や季節を選ばずに塗り替えができると言われています。
季節を問わないとなると、梅雨シーズンでも施工できるのかどうかが気になるところです。
やっぱり気になる、外壁塗装の気候条件
実際には梅雨時に塗り替え施工をしても、塗装の耐久性や仕上がりなどの品質面には影響はありません。
しかし雨天で塗料の乾きが悪い環境下では、それだけ工期が延びることになるため、湿度が85%を超える時期の塗り替えは避けたほうがよい、というのが現場の本音です。
そもそも外壁塗装の現場作業は天候に左右されるものであるため、作業効率の点で降雨の少ない時期や季節が望ましいという結論に至っているのです。

不安定要素の多い春と秋

不安定要素の多い春と秋雨期以外の季節も、外壁塗装の条件としてはそれぞれに一長一短、メリット・デメリットがあります。
外壁塗装の施工中は塗料から揮発性物質が発生するため、施主側にとっては窓を閉めきっていても苦にならない季節のほうがベターです。
春や秋は、湿度が低く快適なので楽に作業ができ、塗料の乾きも早いので、予定通りに施工が進めば工期が短く済みます。
しかし、春は雨や風による天候不順が多く、秋は台風シーズンであるため、作業の中止など工期において問題が起きやすいなどの不安定要素がデメリットでしょう。

温湿度の低い冬場が外壁塗装に好都合?

夏場は、作業上のメリットとデメリットが極端に現われる時期です。
作業性に関して言えば、塗料は高温になるほど伸びが良くなるので、塗りムラやカスレ、塗り残しの可能性が低く、乾きも早いので、短い工期で施工が完了します。
しかし想像できるように、過酷な炎天下での作業は体力の消耗が激しく、屋根などは表面が非常に高温になるため作業がしにくいといった問題が起きがちです。
窓は全て閉めきることになるので、施工完了までは終日エアコンをかけ続ける生活を強いられます。
このように、施主側と作業側の双方にストレスが大きいシーズンですが、公共事業での塗装が多いように、夏場は塗装の繁忙期となっています。
逆に、気温や湿度が低く雨も少ない冬場は、塗料の付着性や吸収が良いこと、窓を閉めきっても不都合がないことなどはメリットです。
ところが、建物内部の暖められた空気と冷たい外気の影響で、外壁に結露が発生するという寒い時期に特有の問題があります。
温湿度の低い冬場が外壁塗装に好都合?
結露による塗装面の白濁を避けるため、結露の蒸発を待って作業に取りかかることになると、工期に遅れが生じるかも知れません。
また日照時間が短い冬は、他の季節よりも日中の作業時間が短くなることもデメリットの一つでしょう。
ちなみに現場の感覚から総合すると、外壁塗装は雨が少なく乾燥した1~2月が適している、という意見が目立ちます。
外壁塗装は、季節だけでなく地域性や特有の気候によっても好適条件が異なります。
満足のいく仕上がりのためには、経験豊富なプロに相談しましょう。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール