0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

入居者を増やす賃貸物件の外壁塗装ポイント

入居者を増やす賃貸物件の外壁塗装ポイント

第一印象を決める外観

賃貸物件を探す場合、最初はインターネットで物件を検索します。
その後、不動産会社を訪れ実際にお部屋を内見することになります。
入居希望者が不動産会社の担当者と一緒に内見に行った時、最初に目にするのが外観です。
人も第一印象が大事といわれますが、建物も同じで外壁やエントランスなど最初に見た外観の印象は心に強く残ります。

入居者獲得がますます難しくなる

現在、日本では人口が減少しているにも関わらず、新たに賃貸物件がどんどん建築されており、入居者の獲得は激化しています。
せっかく内見物件に選ばれたとしても、外観の印象が悪いと最終的には選んでもらえなくなり、建物の外観は空室対策における重要なポイントとなっているのです。

入居者獲得がますます難しくなる

外壁塗装で外観の印象をアップ

外観の印象をよくするにはどのようなポイントに気をつければよいでしょうか。
最初に賃貸物件を訪れた時に目に入るのが屋根や外壁です。
屋根は物件に近づくと見えなくなりますが、外壁は物件に近づくほどに色や汚れなどがハッキリと分かってしまうため、まずは外壁の印象を良くすることがおすすめです。
アパートやマンションの外壁が汚れていたり、塗装が剥がれていたり、色褪せしていると、みすぼらしく見えてしまいます。
そのため、大きくイメージチェンジするなら外壁の塗り替えをおすすめします。

【ターゲット層が好む色に】
単身者用かファミリー向けか持っていらっしゃる賃貸物件のターゲット層によって、外壁のイメージチェンジをしましょう。
ファミリー層なら落ち着いた色や高級感のある雰囲気が人気です。
また学生をターゲットとしているなら、一般の賃貸物件には見られないような明るくポップな色が強く印象に残るはずです。

【新しい・明るい・暖かいイメージに】
外壁の印象として暗いよりも明るい、古いより新しい、冷たいよりも暖かいイメージが大事です。
そのため、外壁塗装を塗り替えるだけで新しい印象となります。
しかし、どうせ塗り替えするなら多くの人に好まれる明るく暖かいイメージに変えてみましょう。
たとえばグレーの外壁ならクリームイエローにするなどです。
ちなみにイエローなどの明るい色を外壁など大きな面積の物に塗ると、面積効果で思っていた色よりも明るく派手でハッキリとした印象となるため、明るい色を塗装する場合は外壁塗装専門業者と相談し、彩度を落とした色にすることがポイントです。

松戸・流山で外壁塗装ならトラストワークにご相談ください。
弊社は地域密着で賃貸物件や戸建て住宅はもちろん公共物まで幅広く塗り替えリフォームを行っております。
また、最初から最後まで責任を持って直接施工いたしますので、安心してご相談ください。

外壁塗装で外観の印象をアップ

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール