0120-773-977
お問い合わせボタン

コラムColumn

家の外壁塗装塗り替えの必要性

家の外壁塗装塗り替えの必要性

外壁を塗り替える理由

家の外壁は5年から15年に一度は塗り替えを行わなければなりません。
しかし、その理由は建物の外壁を美しく保つためだけではありません。
塗り替えることで建物の傷みの元となる防水効果を蘇らせ、建物の耐用性を上げるという働きがあります。
外壁塗装の劣化は南側に向いているかなど家の立地条件や塗料の種類によっても違いがありますが、老朽化が見られたら早めのお手入れにより建物の寿命を延ばすことができます。
外壁を洗浄し、クラックなどひび割れがないかチェックし、あれば修復して、さらにその上から塗装しなおし外壁を保護することで弱っていた壁の耐久性を高めるのです。
新築から何年か経っていたり、外壁に劣化が見られたら塗装業者に点検を依頼しましょう。

こんな症状に注意しましょう

一般の人でも外壁が劣化しているか否かの判断ができます。
以下のような状態がみられるかどうかチェックしてください。
こんな症状に注意しましょう
クラック【クラック】
裂け目・ひび割れのことです。外壁塗装の塗膜が劣化し細いひび割れができるヘアークラック(髪の毛状)、建物の外壁など大きな面積で起こりやすい乾燥クラックなど場所や原因によって種類があります。クラックを放置すると雨水が入り込み、建物内部まで腐食されることがあります。

【外壁の変色・退色】
紫外線や外気の温度、酸性雨などにより塗膜が痛んだり、下地塗料と相性が合わない物を塗装した場合など変色や退色を起こします。とくに紫外線は塗膜の表層から0.1ミリ程度までを劣化させるため光沢を失います。

【チョーキング】
外壁を触るとチョークの粉のような白い物が手につく現象です。これは日光や雨水などで外壁の塗膜が劣化して塗膜の表面が粉状になって消耗していく現象です。チョーキングが見られる場合、防水能力が1/10程度とかなり落ちているので早めの点検が必要です。

カビ・藻【カビ・藻】
北の外壁など日当たりが悪い部分に発生しやすいカビや藻。
外壁の塗膜が劣化するとカビや藻がつきやすくなりますが、チョーキングやクラックほど急いで対処しなければならないという状態ではありません。
比較的新しい建物でも湿気が多いと生えてくることはあります。

クラック(ひび割れ)やチョーキング現象などが見られたら、松戸・流山を中心に外壁塗装を直接施工、地域密着で行っているトラストワークにお気軽にお問い合わせください。
住宅はもちろん公共物まで幅広く対応しており、施工経験も豊富ですので安心してご相談ください。

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール