0120-773-977
お問い合わせボタン
友だち追加

スタッフブログSTAFF BLOG

転倒が多い階段の謎

流山市、松戸市、東葛地区にお住いの皆様、
ホームページをご覧の皆様、
こんにちは!!!トラストワークです。

スターツ流山おおたかの森ホールの階段の改修工事を行いました!

『階段の形状がいけないのか?階段を下りてくる人が良く転ぶ。。』

との相談を頂き、階段の踊り場を周り階段に変更しました!

寸法を測ると1段目~2段目(高さ180㎜)と2段目~3段目(165㎜)の段差が15㎜もずれていました。

『たかが15㎜(1.5㎝)でしょ?』

と、思うかもしれませんが、これは随分と大きい差です。
周り階段に変更する際にこれも3㎜以内にして少しでも高さを合わせることで、つまずき防止!


ちなみに階段なので一概に同じではないですが・・・
バリアフリー法では『床の高低差を設けない措置とは、設計で3mm以内、施工で5mm以内の高低差範囲内を高低差無しとして扱う。』
とあるので、人間の感じにくい高低差は3㎜~5㎜以内ということになりますね!

それが15㎜もあれば、やはりつまずきや違和感を感じで転倒する原因となります。
弊社ではそういった場合の段差は3㎜を基準にしています!

外壁塗装、リフォームで悩み事があればぜひトラストワークにお問い合わせください!

お問い合わせ
  • 0120773977
  • メール